ホーム > 犬用製品 > ワイルド レシピ™ > 犬の祖先は肉食
ワイルド レシピ™
愛犬の祖先は肉食 だから愛犬の体にも、肉食の特徴が残っています

鋭く尖った歯や、強いアゴの筋肉は、肉を引き裂き、飲み込むことに適した構造です。また、穀物などをすりつぶして食べるための臼歯も尖っていて、肉を食べるのに適しています。

消化管の長さには、肉食動物は短く草食動物は長いという傾向があります。犬の消化管の長さは体長の5~6倍と、肉食動物に近い長さです。

消化管の長さには、肉食動物は短く草食動物は長いという傾向があります。これは肉と比べて植物の方が消化吸収しにくいためで、草食動物は長い時間をかけて食べたものを分解・吸収するために、消化管が長くなっています。

草食動物の盲腸は、植物の分解に重要なため大きく、肉食動物では小さいです。犬の盲腸は小さく、肉食動物の特徴を持っていると言えます。

草食動物の盲腸には、草の繊維を構成するセルロースを分解するバクテリアが棲息しています。草食動物にとっては、食物の分解には欠かせない役割を持っています。

デンプンの消化酵素であるアミラーゼは、肉食動物の唾液にはほとんど含まれていません。犬の唾液にはアミラーゼがほとんど含まれておらず、肉食動物の特徴を示しています。

さらに、チキン、サーモン、ラムは「ミート ファースト™」「フィッシュ ファースト™」で抜群のおいしさを実現!

ページの一番上へ