ホーム > 犬用製品 > ナチュラル チョイス™ ドッグフード > 体重管理用 超小型犬~小型犬用 成犬用 チキン&玄米

スペシャル ケア 体重管理用 超小型犬~小型犬用 成犬用 チキン&玄米 総合栄養食

本品は、太りやすい愛犬の体重管理に適している製品です。脂質13%以下の脂質控えめ設計で、体重管理をサポートします。味に敏感な超小型犬~小型犬のために、第一主原料にチキン生肉を使用し、小さい口・顎に合わせた独自の小粒設計とともに、抜群の食いつきを実現しています。 太りやすい愛犬の体重管理や、太らせたくない愛犬への使用にも適しています。

  • 腸内環境の健康維持

    玄米やオートミールなど、バランスの良い食物繊維の組み合わせで腸内環境の健康維持に配慮。

  • 第一主原料にチキン生肉を使用

    味に敏感な超小型犬~小型犬のために、
    抜群のおいしさを実現。

    ミート ファースト™について

  • 独自の抗酸化成分配合

    長生きの超小型犬~小型犬の健康を維持するため、ニュートロ™独自の抗酸化成分を配合。

  • 体重管理サポート

    カロリー控えめ、脂質控えめ*の製品設計。
    *小型犬用 チキン&玄米 製品比 カロリー9%オフ、脂質30%オフ

  • 皮膚・被毛の健康維持

    リノール酸を豊富に含む鶏脂や亜鉛を配合し、皮膚・被毛の健康維持をサポート。

  • 尿路結石の形成に配慮

    ストルバイト結石が形成されにくくするために、マグネシウムバランスを調整。

  • 独自の小粒設計

    超小型犬~小型犬でもおいしく食べられるよう粒を小さくし、噛ませるために独自の形状を工夫。

原材料

チキン生肉、乾燥チキン、玄米、粗挽き米、米糠、エンドウタンパク、オートミール、セルロース、ビートパルプ、タンパク加水分解物、ひまわり油*、大豆油*、鶏脂*、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物

*ミックストコフェロールで保存

1日の給与量の目安

体重(kg) g 200cc
カップ数
体重(kg) g 200cc
カップ数
1 30 0.5 6 115 1.7
2 50 0.8 7 125 1.9
3 70 1.0 8 140 2.1
4 85 1.3 9 150 2.3
5 100 1.5 10 165 2.5

給与方法

・上記給与量の目安は成犬用です。
・フードの切り替え、給与量の変更は、徐々に行ってください。
・常に清潔で新鮮な飲み水をご用意ください。
・1日の食事量は、上記の表を目安に、愛犬の運動量に合わせて与える量を加減してください。

「減量用」と「体重管理用」の使い分け

肥満犬には、適正体重に近づけるダイエットが必要です。効果的に摂取カロリーを抑えることができ、かつ栄養バランスに優れた減量用をおすすめします。

急激すぎるダイエットは避け、給与量の目安を参考にしながら、1ヶ月で5~10%程度の体重減を目標にしてください。
減量用を使用して適正体重になったら、太りにくい設計の体重管理用へ切り替えをおすすめします。また、太らせたくない愛犬への使用にも適しています。

体重管理には、給与量の目安を参考にして与え、体重が安定していることを確認しながら、適宜調節してください。

あなたのわんちゃんは大丈夫ですか?
適正体型をチェック!

保証成分値

  • タンパク質
    26.0% 以上
  • 脂質
    9.0% 以上/13.0% 以下
  • 粗繊維
    8.0% 以下
  • 灰分
    10.0% 以下
  • 水分
    10.0% 以下
  • リノール酸
    3.5% 以上
  • 亜鉛
    250mg/kg 以上
  • ナイアシン
    250mg/kg 以上
  • ビオチン
    2.5mg/kg 以上
  • 代謝エネルギー
    330kcal/100g

総合栄養食

本品は、ペットフード公正取引協議会が定め
る分析試験により、成犬に適したバランスの
良い総合栄養食の基準を満たすことが証明さ
れています。

AAFCO栄養基準

本品は、AAFCO(米国飼料検査官協会)規
定の分析試験により、成犬の健康維持に適し
たバランスの良い総合栄養食であることが証
明されています。

2.品質へのこだわり

「品質を第一に考えます。」
「私たちは常に品質検査を行います。600項目。それは膨大な量の検査です。」
「製造ラインでの粒の水分値、密度の測定。そして最終製品も検査します。」

つづきを見る
ページの一番上へ