ホーム > 必要な栄養 > 生活環境(室内/室外)に配慮して選ぶことが必要

愛犬・愛猫の状態にあわせて、適切なバランスの栄養を与えていますか?
愛猫の健康のために

猫の体の特徴や、毛玉など特有の悩みに配慮したフード選びのポイント

生活環境(室内/室外)に配慮して選ぶことが必要
インデックスへ戻る
家の外と中を行き来する環境から変化して、人間と同じ暮らしをするようになった室内猫だからこそ配慮してあげたいポイントがあります。 運動量の低下

猫は犬と違い、もともと運動量のコントロールが難しい生き物です。また、家の外と中を行き来する生活に比べ、室内で生活することでストレスがあまりかからず、運動不足になりがちです。従って、どうしても太りやすくなるため、特別な配慮が必要になります。

便の臭い

室内で生活する猫は、運動量が少ないため、腸管への刺激が少なく、どうしても便秘になりがちです。
これは、ガスや悪臭発生の原因となります。

毛玉がたまりやすい

気温の変化が小さく、時間に関わらず明るい室内で生活する猫は、毛が一年中生え変わる傾向があります。
従って、室内猫には特に毛玉の排出に対する配慮が必要になります。

猫下部尿路の健康維持に配慮がより必要

もともと水分摂取が少なく、犬と比較して排尿量が少ない猫ですが、室内で生活する猫はさらに飲水量が少なくなり、尿の濃度が濃くなりやすいのです。そのため、猫下部尿路の健康維持にさらに配慮が必要です。

生活環境(屋内/屋外)に配慮して選ぶことが必要
ページの一番上へ